サッカー予想くじキャリーオーバーとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー予想くじキャリーオーバーとは?

サッカー予想くじは指定された試合の勝ち、負け、引き分けを予想するものです(totoGOALを除く)。

BIG系はコンピューターがランダムに予想し、toto系は自分で予想します。それがすべて的中すれば1等というわけなのですが、当選金額はすべて的中した口数で均等配分されます。

例えば1等の配分が10億円だったとして、10口当選すれば1口あたり1億円となります。

ただ、その開催回によっては全て的中したのがゼロ、というケースもでてくるのです。

その場合、1等の配分は2等、3等に配分されるのではなく、次回に持ち越しとなるのです。

この持ち越しのことをキャリーオーバーといいます。

前述の例でいれば、その回の10億円は次回に持ち越され、次回も配分が10億円であれば合計で20億円を当選口数で配分するのです。10口当選していれば1口あたり2億円の配分となるわけです。

キャリーオーバーがあるかないかで当選金額が大きく変動するのです。

そのためキャリーオーバーがあればBIGなら最高6億円、totoなら最高2億円にまでなるのです。

BIGの場合14試合の予想となるためキャリーオーバーが発生しやすく、totoの場合は波乱の試合が多くなるとキャリーオーバーが発生しやすくなります。

BIGは今はキャリーオーバーが多いためたいてい1等は6億円になります。

totoの場合は、順当な試合結果になると1等当選金額は大幅に減ります。

ただそれでもキャリーオーバーが発生していれば額が倍以上になることが多いので、キャリーオーバーが発生している回は狙い目といえます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る