BIG※キャリーオーバー最高額は10億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビCMなどでも話題になっているサッカー予想くじが2006年から販売が開始されたBIGです。

BIGの魅力は何と言ってもその当選金額で、通常時の1等当選金額は最高で3億円、キャリーオーバーがあればこれまで最高額は10億円(正確には1000,000,002円)にもなったことがあります。

しかも1等の当選確率は理論上ではロト6よりも高く約480万分の1となっています。

BIGの仕組みは基本的にtotoと同じで、ホームチームから見た勝ち「1」、負け「2」、引き分け「0」の3つの選択肢があります。

ただしtotoの場合は指定試合は13試合なのに対し、BIGは14試合が対象となります。

そして、最大の違いはtotoは購入する方が自分で勝ち、負け、引き分けを選べるのに対し、BIGは全てコンピューターが自動的に選びます。

サッカーを知らない人でも他の人と同じ確率で勝負ができるのです。

totoの場合、対戦相手によっては勝敗はある程度予想出来ます(番狂わせもありますが)。

そのため比較的順当な結果になってしまえば当選者が増え配当金は低くなります。

そのため、1等で1億円を超えることもあれば、100万円台というケースもあります。

ですが、BIGの場合は全てコンピューターということもあり、当選者が極端に多くなるという事はなく、最近はすべて1等は6億円または10億円となっており、たとえ順当勝ちでも高額当選が期待できます。

ちなみに、2013年の5月18日~19日のサッカー予想くじでは比較的順当勝ちだったため、totoの1等当選金は約140万円でしたが、BIGでは1等は6億円、2等でも約200万円になっているのです。

また、BIGはすべて的中の1等から、1個ハズレ2等、2個ハズレ3等、3個ハズレ4等、4個ハズレ5等、5個ハズレ6等まであります。

また1口300円ですが、totoのようにダブルやトリプルという購入方法はできません。2口、3口購入すれば、すべて組み合わせがまちまちです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る