minitotoは5試合※当選確率アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

minitoto(ミニトト)は、その名の通り、従来のtotoのミニバージョンとなります。

totoよりも予想しやすく当たりやすいサッカー予想くじとして2006年から発売が開始されました。

予想方法は基本的にtotoと同じで、1試合ずつの勝ち、負け、引き分けを予想することになり、ダブルやトリプルで購入することもできます。

totoと違う点は、totoは指定試合が13試合なのに対し、minitotoは5試合となっていることです。そのため、totoよりも当選確率は大幅にアップしており、実に243分の1(理想値)。

ただ、指定された試合によっては、Jリーグ首位のチームと最下位のチームとの一戦も含まれたりするので、そういった場合はより当たる確率は高くなるといえます(最下位のチームが勝つ事もありますが、確率から言えば首位のチームにかけた方が当たりやすい)。

基本的にJリーグの試合の中から10試合を指定され、A組、B組と2つのグループにわけられます(各5試合)。

そのため通常minitotoは2種類購入できることになり、どちらか一方の購入でも構いません。

Jリーグの開催試合数の関係上、A組だけの販売というケースもあります。

また、開催試合が9試合のみだった場合には、同じ試合がA組、B組どちらにも組み込まれるというケースもあるのです。

また、totoの場合は一つハズレの2等、二つハズレの3等まで当選となりますが、minitotoの場合は全試合的中の1等のみが当選となり、1試合でも外してしまえば当選金はありません。

1等の当選金は1万円前後になるケースが多いのですが、誰もが予想するであろう試合結果となると全試合的中でも1,000~2,000円程度になってしまうこともあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る