toto※キャリーオーバーで最高2億円!高額配当ゲット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年度から始まったtoto(正式名称:スポーツ振興くじ)はスポーツ振興のために必要な財源を確保するためにおこなわれている日本のサッカー予想くじです。

今やBIGやtotoGOALなどサッカー予想くじの種類は豊富にありますが、一番初めに始まったのがtotoです。

高額当選があるくじとしては、宝くじやロト6などがありますが、totoは自分で試合の結果を予想できるのが特徴です。

ロト6なども自分で好きな番号を選ぶ事ができるのですが、基本的に当選確率はどの数字を選ぼうと変わりはありません。

ですがtotoの場合はサッカーの試合の勝敗を予想するのですから、強いチームと弱いチームが対戦すればやはり当選確率は変わってくるでしょう。

またチーム事情や勢い、などいろいろなデータを駆使すればより当選確率がアップすることでしょう。

totoは指定されたサッカーの試合(たいていはJリーグ)13試合のホームチームの勝敗を予想します。

ホームチームが90分間で勝つと思う場合には「1」、負けると思う場合には「2」、引き分けになると思う場合には「0」をチェックします。

基本的に1試合を「1」、「2」、「0」のいずれかをチェックし、13試合分予想します。それで1口100円です。

もし勝ち、負け、引き分けを予想しにくい、という場合にはダブルやトリプルというチェック方法があります。

ダブルは「1」、「2」、「0」のうち2つをチェック、トリプルは「1」、「2」、「0」をすべてチェックすることになります。

おわかりでしょうがトリプルでチェックすればその1試合は確実に当たります。ただし、ダブルにすれば購入金額は2倍、トリプルは3倍になります。

例えば、1試合だけダブルをつければ200円、1試合ダブル、1試合トリプルをつければ100円×2×3ですので600円となります。

5試合トリプルをつけたりすると、100円×3×3×3×3×3となり、24,300円にもなります。

当選金はその時の配当にもよりますが、通常時は最高で1億円、キャリーオーバーが発生すれば最高2億円にもなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る